◽️ 2点支持トレモロブリッジの交換

FENDER AmeStもFENDER Squiarも取り付け準備と過程は一緒かなと。

なかなか作業中に写真撮影を忘れてしまうので、何台かのギターへの2点支持トレモロ設置時のバラ写真が多少ありますので、それを利用して自分なりの取り付け説明をいたします。

⚪️ FENDER製トレモロブリッジのトレモロアンカー間の基本寸法

2枚目のはGOTHO製だったかな〜??

 

⚪️ 1. アンカー穴を掘削時使用する型紙

私がFENDER Amestのトレモロアンカー/10mmの掘削時使用する型紙です。

⚪️ 2. 旧6点支持トレモロを撤去

旧6点支持トレモロを撤去した時のネジ穴を、同穴サイズの木材をエポキシボンドを使用して埋めます。

⚪️ 3_01. ボディの中心点計測

旧6点ネジ穴跡を綺麗にしてからボディの中心点を決めて、トレモロアンカーの位置決めをします。

⚪️ 3_02. ボディの中心点計測

⚪️ 4. アッセンブリーでの確認

この段階で最終掘削位置を決めるのですが、アッセンブリーの元ネジ穴が本当に正確な位置なのか?もしアッセンブリーが中心点からずれてしまう場合があったらトレモロアンカーの位置も微妙にずれてしまいますので、自己判断でアッセンブリーの元穴を無視して適正な位置決めをしてください。また、トレモロユニットの穴もボディに正確な水平な長方形だとは信じないいでください。以前Yellowストラトに2点支持トレモロを取り付けた時、作業の慣れもあって確認作業を怠って一気に取り付け作業を進めてしまい、取り付け後よくよく完成ギターを見たらトレモロが右上りになってしまいました。原因はアッセンブリーが中心点からずれて下の方に行くほど右寄りに装着されていたのが原因でした。

⚪️ 5. たまにはこんなことも…

穴が微妙にズレることも…10mmサイズの木にエポキシボンドで穴埋めして再度掘削作業をします。

⚪️ 6_01. 垂直ドリルガイド

最初の2台目まで使用していましたが…現在は使用せず物置の片隅にあります。

⚪️ 6_02. ドリルガイドキット

現在はこれを使用して掘削作業を行っています。個人所有のギターの工事ですからどうにでもなります。

⚪️ 7. ザクリ…

たまに下顎が邪魔してアームダウンに若干の支障をきたす時があります。その時はの躊躇せず顎の部分は切断しちゃいますし、場合によってはトレモロブロックが収納される空洞周りも掘削してしまいます。

⚪️ 8. 作業を終えて

個人所有ギターですので何度も失敗してもめげず、多少時間を置いてから再チャレンジして完成させます。皆様もくれぐれも自己責任で頑張って作業しましょう。

 

 

◽️ FENDER/AMERICAN SERIES STRATOCASTER(’86-’07) TREMOLO BRIDGEに交換

2016年、Sound Houceで税込¥12,744で購入

⚪️ American Standardその1

せめて撮影時ボディを綺麗にすればよかったです。落ち着いたら綺麗にした写真に差し替えます。

⚪️ American Standardその2

アップ・ダウン時に1.5音変化するようにセットしています。が、弦の張力が弱ってしまったのかやけにエンドが上がって見えます。

 

 

◽️ FENDER/Squiar 2点支持トレモロに交換

 

eBayで過去3台、各約¥4,000代で購入。

⚪️ FENDER/Squiar 2点支持トレモロ その1

在庫ギター全部にアメスタ装着はお金がかかりますのでSquiarで我慢します。

⚪️ FENDER/Squiar 2点支持トレモロ その2

アメスタ同様アップ・ダウン時に1.5音変化するようにセットしています。